内科とは

内科のイメージ写真

内科では、鼻水や鼻づまり、咳、くしゃみ、のどの痛み、発熱、頭痛、貧血、下痢、嘔吐、呼吸困難など、様々な急性症状の治療を行います。
また、不摂生な日常生活を続けることで起こる糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病についても、自覚症状が見られない段階から治療やケアを行ってまいります。

発熱や腹痛などで体調を崩された場合、それぞれの症状に応じて専門の診療科を受診することもあります。
しかし、どの診療科が最適なのか悩んでいるときは、まず内科を受診して下さい。原因不明の体調不良の患者さまを最初に診察し、それぞれの専門科につないでいく総合案内としての役目も内科が担っているのです。

当院では、日本内科学会認定の「総合内科専門医(下記参照)」である院長が中心となり、患者さまが訴える様々な症状を総合的に診察いたします。
その診断結果に基づき、院内で治療を進めるとともに、専門的な治療や入院が必要と判断されたときは、連携する高度医療機関などをご紹介いたします。

地域にお住まい・お勤めの皆さまのかかりつけ医として、現時点で必要な治療を行うだけでなく、生涯を通じて健康で長生きできるよう、様々な治療やケア、健康相談などを行ってまいりますので、お気軽にご相談ください。

総合内科専門医とは

現在の高齢化社会では、全身のさまざまな臓器に問題を抱えている方が非常に多くいらっしゃいます。
このような患者さまの治療にあたっては、内科全般について高い見識を持ち、第一次的な検査・治療を行うとともに、必要に応じて専門的な医療機関との架け橋を行う医師が必要となります。

総合内科専門医とは、こうした考え方に基づき、内科全般に関する高水準の知識や技術、判断力、人間性、経験、指導能力を有している医師に与えられる専門的な資格です。

このような症状はご相談を

  • 高熱が出た、熱が下がらない
  • 咳、鼻水、のどの痛みがある
  • 胸やけがする
  • 食欲がない、これまで好きだった食べ物が喉を通らない
  • 食べているのに体重が減っていく
  • 胸が痛い、圧迫感がある
  • 頭が痛い、頭がモヤモヤする
  • 立ちくらみ
  • 少し身体を動かしただけでも動悸、息切れする
  • 肌がむくんできた、発疹がある
  • 喉が頻繁に乾き、水をよく飲む
  • 尿に異常がみられる(出にくい、近い、量が多い、血が混じる)
  • 疲れやすくなった、身体がだるい
  • 体重が増えてきた、または痩せてきた

内科の主な対象疾患

急性疾患

  • 風邪症候群
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)
  • 尿道・膀胱炎
  • 熱中症

慢性疾患

  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)
  • 痛風(高尿酸血症)
  • メタボリック症候群など)
  • 花粉症
  • 貧血
  • 頭痛
  • 便秘症

など