睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群のイメージ写真

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
いびきがひどく十分な睡眠がとれない、日中に眠くなるなどの症状があります。また高血圧との関連が強く、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性があります。
当院ではご希望の方にまずは自宅で簡易検査を施行していただきます。
診断がつけば、CPAP(持続式陽圧呼吸療法)という自宅での治療を開始します。CPAP療法で血圧低下や生活の質の改善などの効果がみられます。
ご希望の方はまず電話でご連絡ください。

睡眠時無呼吸症候群についての説明ホームページ「無呼吸なおそう.com」